[社説]硬軟両様の課徴金改革で談合を根絶せよ

2019/3/12 19:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が独占禁止法の改正案を閣議決定した。経済活力と消費者利益を損なう談合・カルテル事件を根絶やしにするには、企業どうしが自由でフェアに競う環境を整えることが欠かせない。

法案に盛り込んだ硬軟両様の課徴金政策がそれを後押しする。国会は会期中に成立させるべきだ。

アスファルト合材の販売価格を不当につり上げるカルテルを結んでいたとして、公取委は前田道路など8社に約600億円の課徴金を課す方針だ。ひとつ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]