2019年9月18日(水)

メイ氏の英EU離脱案、再び否決 3つのポイント

3ポイントまとめ
2019/3/13 4:34
保存
共有
印刷
その他

英議会下院は12日、欧州連合(EU)からの離脱協定案を再び否決しました。11日夜にメイ首相がEUのユンケル欧州委員長と会談し、アイルランド国境問題でEUのルールに縛られ続けないことなどを法的に確認する共同文書をまとめましたが、英議会で再び同意を阻まれました。これまでの経緯や難航点を振り返ります。

採決前夜の記者会見でメイ英首相は厳しい表情を崩さなかった(11日、仏ストラスブール)=AP

採決前夜の記者会見でメイ英首相は厳しい表情を崩さなかった(11日、仏ストラスブール)=AP

(1)採決延期の末、1月にいったん否決

2018年11月に交渉担当者レベルで合意した離脱案は、英・EU双方の議会で承認が要ります。メイ氏は当初、12月の議会採決を目指しましたが、成算がないとみて年明けに延期しました。1月15日の採決では与党・保守党の強硬離脱派議員が大量に造反し、賛成202人、反対432人と230票の大差で否決されました。

▼英議会の機能不全鮮明 離脱案否決、与党から大量造反

(2)メイ首相の方針に議会が「ノー」

メイ英首相の離脱協定案を巡って議論は割れる(2月27日、英議会)=AP

メイ英首相の離脱協定案を巡って議論は割れる(2月27日、英議会)=AP

離脱案が通れば20年末までは現状の英・EU関係を保つ「移行期間」が導入されます。与党の強硬離脱派が反対しているのは、アイルランドとの国境問題が解決されない限り英全体がEUのルール下に置かれ続ける可能性が嫌だからです。英下院は2月14日にメイ氏の交渉方針を反対多数で否決し、袋小路の様相が強まりました。

▼英議会、「EUとの継続協議」を否決 メイ首相窮地に

(3)法的拘束力を持たせた文書追加も

英EU離脱方針を巡って抗議する英市民ら(2月27日、ロンドン)=AP

英EU離脱方針を巡って抗議する英市民ら(2月27日、ロンドン)=AP

メイ氏は11日夜に仏東部ストラスブールへ急きょ飛び、ユンケル氏らと会談しました。英国がEUのルールに永久に縛られないことを確認する、法的拘束力のある文書を追加することで合意しました。ただ完全な離脱が確約されない点などに強硬派議員の納得がなお得られませんでした。メイ氏主導の離脱案が通る道はほぼたたれ、経済混乱を避けるため離脱延期などが模索されそうです。

▼英・EU、離脱案見直しで合意

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。