/

日銀の2%物価目標、麻生財務相「考え方柔軟に」

麻生太郎財務相は12日の参院財政金融委員会で、日銀が掲げる2%の物価安定目標について「少し考え方を柔軟にやってもおかしくないのではないか」と述べた。日銀が大規模な金融緩和政策を導入した当時も、物価上昇率が2%に達するのか懐疑的だったとの考えも改めて示した。

共産党の大門実紀史参院議員の質問への答弁。麻生財務相は「世の中で2%に到達しないから怒っている一般の庶民は私の知るところでは一人もいない」とも述べた。

同委員会で日銀の雨宮正佳副総裁は「長期にわたる低成長とデフレで、企業や家計が物価が上がらないことを前提とする考え方になっている」と説明した。

また、同氏は日銀による上場投資信託(ETF)の買い入れについて「日経平均株価が1万8000円程度を割ると(日銀保有の)ETFの時価が簿価を下回る」との試算も示した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン