中国 少数民族、取り締まりへ強権

2019/3/12 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=永井央紀】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部は、チベット族やウイグル族など少数民族への取り締まりを強化する方針だ。最高人民検察院(最高検)の張軍検察長は12日、2019年の活動方針として「テロや民族分裂、極端な宗教活動は断固としてたたく」と表明。最高人民法院(最高裁)の周強院長も「国家安全を脅かす犯罪は厳しく罰する」とした。

張氏と周氏は北京で開催中の全国人民代表大会(全人代、国会に相…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]