/

この記事は会員限定です

インドネシア、伝統薬に脚光 健康志向・地元愛で見直し

[有料会員限定]

インドネシアで伝統薬「ジャムウ」に再び脚光が集まっている。自然豊かな国土で取れるウコンやショウガ、各種スパイスなどを調合して作り、主に飲用する。一般の医薬品が普及することでジャムウは退潮傾向にあったが、健康志向が広がりをみせる中でじわりと存在感を増している。

ジャカルタ北部の旧市街の一角にジャムウを売り物にしたカフェ「アチャラキ・カフェ」が登場した。コーヒー店のようにバリスタが常駐し、ウコンとタ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り847文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン