2019年5月23日(木)

書斎のゴルフ

フォローする

スイングは型ではなく感覚で身につけよう(1)

(1/2ページ)
2019/3/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

 新宿のインドアゴルフで30年間、初心者からツアープロまで指導している長井薫プロは、ユニークな練習器具を使いながら右脳に働きかける感覚重視のメソッドで人気だ。今回は自分の力を効率よく発揮でき、自然にきれいなスイングとなる練習法を教えてもらった。自宅など屋内でできるだけに、オフの間にしっかり身につけよう。
(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.41」から)

人気インストラクターのヨッシー小山さんに、「新宿インドアゴルフ」の代表でヘッドプロの長井薫さんを紹介いただいた。聞けば、長井プロは様々な練習器具を自ら開発して感覚重視のレッスンを行っていて、特にスイングに悩みを抱えている人にお薦めとのこと。しかも屋内で行うので冬季の練習にはうってつけだと思い、早速「新宿インドアゴルフ」をお訪ねした。

「新宿インドアゴルフ」はJR新宿駅(東京都新宿区)から徒歩10分、大通りから路地を入ったビルの1階にある。入るとすぐに鳥かごが2打席あり周囲の壁には所狭しと練習器具が並ぶ。ゴルフ好きにはたまらない雰囲気だ。奥から長井プロが出迎えてくれた。ニコニコととてもフレンドリーな第一印象。レッスンの合間を縫っての取材なので、あいさつもそこそこに本題に入った。

長井プロ(中央)を慕って集まる生徒さんたちと「新宿インドアゴルフ」で

長井プロ(中央)を慕って集まる生徒さんたちと「新宿インドアゴルフ」で

――早速ですが、長井プロは感覚重視のメソッドでレッスンを行っているそうですが、感覚重視メソッドの由来というか、経緯についてお聞かせください。

長井 私が感覚重視メソッドを開発したのは、このインドア練習場を開設したときのあるお客様の一言からでした。当時、私はこの練習場をオーナーの義兄から任されて支配人を務めていました。レッスンは外部のプロにお願いし、毎日プロが行うレッスンを眺めていました。そのプロは素晴らしい方で教え方も上手、スイング理論も確かなものでした。ところがある日、レッスンを終えた生徒さんが私のところにきて「いまのってどういう意味だかわかりますか?」と聞いてこられたのです。

――プロの話が難しかったのでしょうか。

長井 そうかもしれません。気になった私はレッスンを終えたほかの生徒さん全員にヒアリングしてみました。

――お客さまの声に耳を傾けたわけですね。

長井 悪い予感は的中して、ほとんどの生徒さんがプロの言っていることがわからないか、もしくは勘違いをしていました。レッスンプロの言っていることやゴルフ理論は間違いありません。むしろ素晴らしいものでした。でも生徒さんには伝わっていなかった。そういった経験から私は指導者と生徒さんのギャップを痛感しました。

――そのまま放置すればインドアゴルフの存続も危うくなります。支配人としてはどうなされたのですか。

長井 何とかそのギャップを埋める手立てはないものかと、ほかのレッスンスクールを見学したり様々な教本を読みあさったりしましたが、その答えはどこにもありませんでした。どうやったら生徒さんにうまく伝えられるのか。埋まらないギャップにもんもんとした毎日でした。そんなある日、私に衝撃を与えたある出来事が起こりました。

――感覚重視メソッドが誕生するきっかけになった出来事ですね。

長井 はい。それは初めて子供に自転車を買ってあげたときでした。購入した自転車屋さんが自転車の乗り方を教えてくれるというのです。どのように教えるのか興味津々でした。とりあえず補助輪を付けて、子供が慣れてきたら補助輪を外し、後ろで支えてあげて練習させると思っていたら、自転車屋さんの練習方法はまったく違っていたのです。「お父さん、補助輪とペダルを外してサドルを目いっぱい下げてください」というのです。そして自転車を子供に渡し自由に遊ばせるわけです。そうすると子供は喜んで自転車にまたがりながら、まず足で歩くように自転車を進め、次に両足で地面を蹴って自転車を進ませるようになった。そこまで子供は何も教わっていません。そうこうしていたら自転車屋さんは、バランスがとれるようになったのを見計らって自転車にペダルを付けました。そして1時間もしないうちに1人で自転車に乗れるようになったのです。自転車屋さんが教えたのはペダルの最初の一こぎだけでした。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
「打球に伸びが感じられる」と柳生田敬大さん

 ちまたには多くのドライバーが氾濫、「飛ぶ !飛ぶ!」とやかましい。では、熟年ゴルファーで90切りやシングルが目標という「書斎のゴルフ」読者にとっては、どんなドライバーが飛ぶのか、打ちやすいのか? 読 …続き (5/20)

「とにかく飛距離が出る」と山田隆三さん

 ちまたには多くのドライバーが氾濫、「飛ぶ! 飛ぶ!」とやかましい。では、熟年ゴルファーで90切りやシングルが目標という「書斎のゴルフ」読者にとっては、どんなドライバーが飛ぶのか、打ちやすいのか? 読 …続き (5/15)

「吹き上がらず強弾道が出る」と長島光希さん

 ちまたには多くのドライバーが氾濫、「飛ぶ! 飛ぶ!」とやかましい。では、熟年ゴルファーで90切りやシングルが目標という「書斎のゴルフ」読者にとっては、どんなドライバーが飛ぶのか、打ちやすいのか? 読 …続き (5/13)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]