/

この記事は会員限定です

台湾人材、日本企業めざす 5年で2倍「親日で優秀」

[有料会員限定]

日本企業への就職を希望する台湾の若者が増えている。初任給の伸び悩み、社会の閉塞感などから海外を志向する人が増え、1番人気は日本。日本で働く台湾人材へのビザ発給は5年前の2倍に増えた。日本企業にとっては親日的で文化面でも近く、中国語が話せることは魅力。中国人旅行者の対応、海外人材などとして日本人と同様に幹部登用する企業も出てきた。

2月末、台北市内のビルのワンフロアは日本企業への就職を希望する台湾の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1359文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン