/

この記事は会員限定です

毎月分配型投信に復活の兆し

[有料会員限定]

長期投資にはふさわしくない商品との批判などから人気が低下していた分配金を毎月支払う投資信託(毎月分配型投信)に復活の兆しが出てきた。2019年1月の国内公募投信の月間資金純増額で首位だったのは、「東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)」。毎月分配型投信が純増額で首位になるのは、17年5月の「LM・オーストラリア高配当株ファンド(毎月分配型)」以来、1年8カ月ぶりだ。2位以下を見ても、4位の投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン