2019年7月19日(金)

微生物燃料電池で水素発生 効率10倍、身近な環境利用
NextTech2030

2019/3/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

微生物の力を借りて電気を生み出す「微生物燃料電池」の仕組みを応用し、次世代エネルギーの水素をつくる研究が進んでいる。東京薬科大学の研究チームは水素の発生効率を10倍ほどに高める技術の開発を進める。微生物燃料電池はまず汚水処理のプラントなどで導入が見込まれているが、身近な環境から水素を簡単に手に入れられる技術も2030年ごろに実現する可能性がある。

微生物の働きから発生した水素を燃料に公道を走る自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。