ふるさと納税で過疎化に「待った」 北海道の上士幌町

2019/3/12 14:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道で人口減少に歯止めをかける取り組みに成功している自治体がある。十勝管内の上士幌町だ。人口約5千人の酪農や畜産が盛んな農村地だが、牛肉やデザートなど町の特産品を返礼品にした「ふるさと納税」で集めた寄付金を財源に、雇用創出や子育て支援を充実させている。過疎化対策に悩む道内市町村のモデル事例として注目を集めている。

「町の経済が元気になっている。非常に良い流れだ」。上士幌町の竹中貢町長は満足げに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]