2019年8月25日(日)

シンガポール、ボーイング新型機の運航全面停止
2件の墜落事故、外国機も乗り入れ停止

2019/3/12 13:54
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=谷繭子】エチオピア航空の墜落事故を受け、シンガポール民間航空局は12日、事故機と同型のボーイング737MAX8を含む737MAX系航空機の同国における発着を同日午後2時(日本時間同3時)から一時停止すると発表した。11日には中国やインドネシアの政府が、自国の航空会社に同型機の運航停止を命じている。シンガポールは一歩踏み込み、外国機の乗り入れも全面的に停止することを決めた。

同国内ではシンガポール航空子会社のシルクエアが保有する6機の運航を停止する。乗り入れている外国機はタイ・ライオン航空のほかは中国とインドネシアの航空会社3社だ。

エチオピア航空の運航する737MAX8型機は10日、エチオピアの首都アディスアベバ郊外で墜落し、乗員乗客157人全員が死亡した。同型機は2018年10月にもインドネシアのライオン航空が墜落事故を起こし、189人全員が死亡している。

シンガポール当局は停止措置について「5カ月未満の間に2件の死亡事故が起こったため」と説明した。停止措置は安全が確認されるまで続ける。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。