雇用保険、18日から適正額に 統計不正で過少給付

2019/3/12 13:45
保存
共有
印刷
その他

毎月勤労統計の不正調査で生じた雇用保険などの過少給付を巡り、厚生労働省は12日、雇用保険を現在、受給している人には18日から適正な金額での給付を始めると発表した。同日以降は統計の再集計値を基にした金額での給付に改める。受給者の手続きは不要。

現在、雇用保険を受給している人の過去に支払われた分の追加給付は4月以降になる予定。すでに受給を終えた人への追加分は11月ごろになる見込みだ。

厚労省は対象者の特定を進めるため、追加給付の可能性がある人に住所などの情報を登録してもらうコーナーや、雇用保険の失業給付の大まかな金額を示す計算ツールを同省ホームページに18日に開設する。

毎月勤労統計は2004年から東京都の大規模事業所を一部しか調べない不正が始まり、17年まで統計上の復元加工も行われなかった。賃金が実態より低く出たため、統計を基に算定する雇用保険や労災保険、船員保険でのべ約2015万人に過少給付が起きた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]