2019年6月20日(木)

波乱相場当てた「弱気派」の警告

2019/3/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

11日の米国株式市場では景気減速懸念が影を潜め、ハイテク株に買いが集まる「リスクオン」相場が展開された。ダウ工業株30種平均は朝方、ボーイング株の大幅安を受けて一時、240ドル超安まで売られた。ところがアップル株が主導する形で急速に持ち直し、200ドル高で終えた。少数派ながらこうした楽観ムードに警告を鳴らし続ける市場参加者もいる。弱気派の言い分とは――。

「投機筋が相場変動率(ボラティリティー)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報