マンション開発、学生向けに照準 東急不は供給4割増

2019/3/12 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都心などで分譲マンションの開発用地の確保が難しくなるなか、不動産大手が学生専用マンションの開発に力を入れている。東急不動産は現状比4割増の年間1千室に拡大し、三菱地所も参入する。大学への進学率の上昇と外国人留学生の拡大で、大学の全国の学生数は増加傾向だ。各社は安定収益を見込むが、ワンルームマンションなどの競合もあり供給過剰になるリスクもある。

3月に入居が始まったばかりの東急不の学生専用マン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]