その他スポーツ

小林陵、異色の王者 ジャンプ不毛の地・岩手出身

2019/3/11 22:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ノルディックスキー・ジャンプ男子の22歳、小林陵侑(土屋ホーム)が偉業を成し遂げた。10日にオスロで行われたワールドカップ(W杯)個人第23戦で5位に入り、5試合を残して欧州勢以外で初めてとなるW杯総合優勝を決めた。船木和喜、原田雅彦、葛西紀明ら歴代エースが届かなかったタイトルをつかんだのは、ジャンプ不毛の地ともいえる岩手育ちの異色のジャンパーだった。

小林陵は5歳でスキー板を履いたが、野球など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスの全仏オープン(27日開幕)のシングルス予選が23日、パリで行われ、女子1回戦で内藤祐希(亀田製菓)がアマンディーヌ・エス(フランス)を5―7、6―4、6―2で下し、2回戦に進んだ。
 男子の日 …続き (0:14)

高橋礼華さん(右)が村井知事(左)を表敬訪問した(23日、宮城県庁)

 バドミントン女子ダブルス金メダリストで現役を引退した高橋礼華さんが23日、中高生時代を過ごした宮城県を訪れ、村井嘉浩知事に引退を報告した。村井知事は「新たなステージに向かって活躍してもらいたい」とね …続き (23日 18:07)

記者会見する別府大分毎日マラソンの主催者ら(23日、大分県庁)=共同

 別府大分毎日マラソンの主催者は23日、来年2月7日に開催予定だった大会を、新型コロナウイルスの影響で2022年2月6日に延期すると発表した。1952年に始まった大会で、開催延期は初めて。

 9月10日 …続き (23日 16:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]