/

ミナミサワ、小便器水洗の交換用センサー

自動水栓販売のミナミサワ(長野市)は4月1日、小便器に水を流す人感センサー「お代理さま」を発売する。メーカーが扱わなくなったセンサー付き小便器が故障した場合、これまでは便器を交換するしかなかった。お代理さまを使えば、センサーだけを交換すればよいため、コストを抑えられる。

便器の上に後付けでセンサーを設置する

価格は税別7万~7万2000円。通常、便器を交換するには20万円前後の本体費用と工事費用がかかるという。お代理さまは工事を行わず、小便器の部品交換と後付けセンサーの設置のみでよいため、修理にかかるコストや手間を減らせる。TOTOやINAXなどの便器に使える。

便器は陶器部分よりもセンサーの方が寿命が短い。メーカーのサポートが終了後に故障すると、便器ごと交換するしかなかった。改修費用を抑えられることを顧客にPRする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン