/

この記事は会員限定です

震災対応でスタートアップ 復旧・復興で自治体を支援

[有料会員限定]

災害発生後に新技術を使って復旧・復興を支援するスタートアップ企業が増えてきた。ロボット技術や人工知能(AI)などの独自技術を生かし、消防や企業などとの連携で次世代の防災・減災のあり方を模索する。

ドイツ発のスタートアップ、ジャーマン・バイオニックが2018年に設立した日本法人(東京・中央)は、災害復旧活動用ロボットを売り出す。ロボットは作業員の身体に装着して重量物を持ち上げるなどの作業を支援する「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン