/

この記事は会員限定です

「ガチャコン電車」に乗って 近江鉄道、地道な営業に力

[有料会員限定]

滋賀県内で鉄道やバスを運営する近江鉄道(彦根市)は存続が危ばれている鉄道の利用拡大を狙って、沿線での営業活動に力を入れる。3月以降、駅周辺の住民に時刻表を配ったり、子ども向けのイベントを企画したりする。沿線自治体が経営支援の議論を本格化するのを控え、地道に利用者を掘り起こす。

同社は西武鉄道の100%子会社だ。その走行音から「ガチャコン電車」の愛称で親しまれている近江鉄道線は1898年に開業。現...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り497文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン