2019年3月21日(木)

輸出・生産、日銀が判断下げ検討 景気の総括判断は維持

経済
2019/3/12 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀は14~15日に開く金融政策決定会合で景気認識を巡り、輸出と生産の判断を引き下げることを検討する。中国経済、米中貿易摩擦、IT(情報技術)の需要減退の動きを反映するためだ。ただ金融市場は足元で比較的安定しており、日銀は今年後半に中国経済の復調などにより持ち直すと期待している。景気の総括判断と現行の緩和策は維持する公算が大きい。

「輸出と生産は足元の動きが弱いことを認めざるを得ない」。日銀では…

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報