牛肉、マイクロ波で早期熟成 四国計測工業が新装置

2019/3/12 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

四国電力グループの四国計測工業(香川県多度津町)は、食肉などの熟成期間を短くする装置を開発した。電子レンジでも使う「マイクロ波」の技術を活用して食肉の内部の温度を上げて酵素を活性化し、食肉を傷めずに熟成を早める。2週間以上かかっていた熟成が1週間以内で肉のうまみが増す。飲食店の仕込みが楽になるとみて、今秋から販売に乗り出す。

開発した装置は幅47.5センチ×奥行き53.5センチ×高さ1メートル3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]