/

この記事は会員限定です

G7、消費者保護へ指針 SNSなど対象

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

主要7カ国(G7)はソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などデジタルビジネスを対象にした消費者保護のルールづくりを提言する。サービス契約前の情報開示を徹底させ、消費者が不利な条件でサービスを使うことを防ぐ。アリババ集団など中国勢も含むIT企業が世界で成長を続ける中、日米欧の先進国がルールづくりを主導する。

グーグルなど「GAFA」と呼ばれる米IT大手だけでなく、中国のアリババやテンセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン