/

日立、iPS細胞を大量に 自動培養装置を製品化

日立製作所が開発したiPS細胞の自動培養装置「アイエース2」

日立製作所は11日、iPS細胞の商用生産に向けた自動培養装置を開発し、1号機を大日本住友製薬に納入したと発表した。厚生労働省が定める再生医療の品質管理基準「GCTP省令」に対応し、臨床向けのiPS細胞を大量に培養できる。日立はグループ各社を通じて細胞の培養受託や輸送事業も強化し、再生医療ビジネスを丸ごと支援する体制を整える。

製品名は「アイエース2」。価格は顧客が作る細胞の種類などによって異なるが、1台数億円。厚労省基準に対応した商用向けの自動培養装置は国内初とみられる。

培養容器や細胞の栄養剤「培地」をためておくボトル、培地を流し込む流路などを外部と遮断した構造で、病原体や微生物の侵入を防ぎながら人の手を介さずに効率的に培養する。品質管理に必要な操作した人を記録する機能を搭載。本体には培養室内の浄化作業に使う過酸化水素ガスに耐えられる材質を採用した。

大日本住友製薬は培養した細胞をパーキンソン病患者に移植して治療する研究に使う。大日本住友製薬には3月末に2号機の納入も予定している。日立はさらに2020年度にほかの企業に対して1台の納入を目指す。

研究段階の細胞培養は少量で済むため、製薬企業や大学はこれまではほぼ手作業で対応してきた。ただ再生医療が医療として提供されるようになると、安く安定した細胞の供給が必要になる。日立グループは日立化成が細胞培養受託事業を手がけるなど、機器やサービスの提供を広げている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン