「官僚たちの冬」に問う 平成統治改革の進化形
編集委員 清水真人

政治アカデメイア
コラム(政治)
(1/3ページ)
2019/3/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「官僚たちの冬」。かつて「最強官庁」と呼ばれた財務省の出身で明治大教授の田中秀明の新著のタイトルだ。時の政権への忖度(そんたく)や統計不正などで地盤沈下が続く霞が関。衆院選による政権交代と首相主導の政権運営をもたらした平成の統治機構改革もその要因だ。避けがたい「政治主導」の奔流に官はのみこまれかけている。改革の不足を補強して進化させ、政と官の仕切り線を引き直す方向にしか出口は見えない。

■官邸一元

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]