/

この記事は会員限定です

ウォール街、「格差是正」で民主党と対立

増税や自社株買いで論争

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則、関根沙羅】米国での「格差是正」を巡り、ウォール街と民主党の対立が深まっている。民主党が自社株買いの制限や富裕層の増税を提言し、金融界が反論する構図だ。ウォール街は格差を生み出す象徴とされ、金融危機後10年がたっても風当たりは強い。米共和党の一部も規制論に同調する動きがあり、2020年の米大統領選の争点になる可能性もある。

「自社株買いが市場をゆがめている」。米民主党上院の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1301文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン