2019年5月24日(金)

ゴーン元会長、日産取締役会の出席希望 地裁が判断へ

ゴーン退場
2019/3/11 9:17
保存
共有
印刷
その他

保釈された日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(65)が12日開催の同社取締役会に出席する意向を示していることが11日、関係者の話で分かった。すでに東京地裁に許可を求めており、地裁は検察側の意見を踏まえて11日中にも可否を判断する。

法律事務所を出る、保釈された日産のゴーン元会長(6日、東京都千代田区)

法律事務所を出る、保釈された日産のゴーン元会長(6日、東京都千代田区)

ゴーン元会長の保釈条件は日産幹部らを含む事件関係者との接触を禁止。一方で、取締役会は裁判所が許可すれば出席できる、としている。

元会長の弁護人は11日、取材に対し「取締役会出席は役員としての義務。普通のことだ」と述べた。これに対して元会長の取締役会出席が「圧力」となり、公判での関係者の証言などに影響を与える恐れがあるなどとして、検察側が反対する可能性がある。

元会長は2018年11月19日に東京地検特捜部に逮捕され、同22日の臨時取締役会で日産の会長職と代表権を解かれたが、現在も取締役を務めている。日産は4月8日の臨時株主総会でゴーン元会長と元代表取締役、グレッグ・ケリー被告(62)の取締役解任を決議する方針。

元会長は1月30日の日本経済新聞との単独インタビューで日産側の社内調査などで不正が指摘されていることを「策略であり、反逆だ」と強い口調で不満を表明。6日に東京拘置所を保釈された後は東京都内の指定された住居で生活している。 元会長は日産のほか、仏ルノー、三菱自動車でも会長などの役職は外れた。取締役の地位は維持されており、今後、日産以外の取締役会への出席を希望する可能性がある。先に保釈されたケリー役員は取締役会に出席しない意向だという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報