2019年3月25日(月)
スポーツ > Go20 > スペシャル > 記事

スペシャル

フォローする

女子マラソン鈴木亜由子 自信を胸に大一番へ
東京五輪まであと1年半

(1/2ページ)
2019/3/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

初マラソンに選んだ2018年8月の北海道をトップで駆け抜けた時、去来したのは安堵感だった。「ラスト10キロは力を入れようにも、筋がピキってなるんじゃないかと怖かった。ああ、自分でも走れたって」

長く主戦場としていたトラックから本格転向してわずか2カ月。ぎりぎりの調整で臨んだからこその本音は、かえって鈴木亜由子(日本郵政グループ)の底知れない能力を際立たせる。

鈴木は「以前より楽にスピードが出る」と、フォームへの手応えを感じる

鈴木は「以前より楽にスピードが出る」と、フォームへの手応えを感じる

今年9月の東京五輪代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権獲得だけが目標だったから、前半の他選手の飛び出しにも慌てない。淡々とラップを刻み、終盤は体と対話しながらペースアップ。日本陸上競技連盟の山下佐知子・五輪強化コーチが「非常に安定感があった」と絶賛する快走だった。

愛知県豊橋市出身で、小学2年から陸上を始めた。中学時代は1500メートルで全国大会2連覇。将来を嘱望され、名大時代の13年ユニバーシアードでは1万メートルで金メダルを獲得した。その一方でケガも多く、15年世界選手権5000メートルでは9位と健闘しながら、翌年のリオデジャネイロ五輪は直前に故障し、1万メートルを棄権。5000メートルも予選敗退と力を出し切れなかった。

「もともとピッチが速い半面、膝の下で足を掻(か)くような動きで体全体を使えていなかった。接地もぶれていた」。スピードを重視するあまり、いつしか走り方が小さくなり、それが故障の遠因にもなっていた。「自分の可能性を広げたい」。マラソン転向は、ずっと自覚していた課題を克服する挑戦でもある。

MGC出場を決めて約半年。腰を据えたトレーニングによって、理想のフォームに近づいている手応えはある。「股関節など大きい筋肉をちゃんと使い、胸も張れるようになってきた。以前より楽にスピードが出る」

調整の一環で出た2月のハーフマラソンでは日本歴代3位の1時間7分55秒をマーク。「練習が点ではなく、線にできている実感がある。いよいよこれから」。そんな好循環の成果を披露する場がMGCだ。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
大野(右)は五輪連覇を狙う=共同共同

 五輪競技のなかでも有数の厳しい代表争いとなるのがお家芸の柔道。金メダルを狙える柔道家が各階級に複数居並ぶなか、本番の畳に上がれるのは1人ずつの狭き門だ。男子73キロ級はリオデジャネイロ五輪金メダルの …続き (3/14)

鈴木は「以前より楽にスピードが出る」と、フォームへの手応えを感じる

 初マラソンに選んだ2018年8月の北海道をトップで駆け抜けた時、去来したのは安堵感だった。「ラスト10キロは力を入れようにも、筋がピキってなるんじゃないかと怖かった。ああ、自分でも走れたって」
 長く …続き (3/13)

瀬戸の泳ぎはこの1年で力強さと伸びやかさが増した

 12日で開幕まで500日となった東京五輪に向け、この春から各競技で代表切符を巡る争いが本格化する。金メダル30個を目標に掲げる日本選手団の一員として大舞台に立つために、熱く、厳しい戦いが待っている。 …続き (3/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]