/

中部横断自動車道 富沢IC―新清水JCTなど開通

建設が進められている中部横断自動車道の南部区間で10日、富沢IC(山梨県南部町)―新清水JCT(静岡市)の20.7キロと、六郷IC(山梨県市川三郷町)―下部温泉早川IC(身延町)の8.4キロが開通した。山梨県が他県と高速道路でつながるのは1989年に東富士五湖道路山中湖IC―須走IC(静岡県)が開通して以来となる。

国土交通省の試算では、今回の開通で山梨県庁から静岡県庁までの所要時間が30分短縮し2時間5分になる。南部区間が全線開通すれば1時間40分になる。六郷―下部温泉早川間は、国と県が事業費を負担する新直轄方式のため、通行料はかからない。

南部区間の未開通区間は残り20キロ。南部IC―富沢ICは今年夏、下部温泉早川IC―南部ICは2019年度中の開通を予定する。全線開通すれば中央自動車道と新東名、東名高速道路と高速ネットワークでつながり、大幅に物流が改善する。

国際クルーズ船の寄港が増加している静岡県の清水港(静岡市)や富士山静岡空港(牧之原市)からの所要時間も短縮し、訪日外国人観光客の増加が期待できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン