2019年6月27日(木)

辰巳琢郎氏が出馬断る 大阪知事選、自民が要請

2019/3/10 2:00 (2019/3/11 1:01更新)
保存
共有
印刷
その他

大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)の辞職表明に伴う4月の知事選で、大阪市出身で俳優の辰巳琢郎氏(60)が自民党からの立候補の要請を断ったことが10日、関係者への取材で分かった。党派色が薄く野党各党も相乗りできる有力候補として注目が集まっていた。知事選の告示が21日に迫っており、自民党は他の候補者調整を急ぐ。

【関連記事】自民、小西元副知事擁立へ 大阪知事選で維新に対抗

俳優の辰巳琢郎さん

俳優の辰巳琢郎さん

大阪都構想を巡る維新と公明党の協議が決裂したことを受け、松井知事は8日に大阪市の吉村洋文市長とともに辞職願を提出。都構想への民意を問いたいとして、4月7日投開票の統一地方選に合わせて市長選、知事選に入れ替わって立候補すると表明した。

自民党は投開票まで1カ月を切るなかで知名度の高い候補の擁立を探ってきた。二階俊博幹事長の周辺によると、二階氏は8日、都内で辰巳氏と会談し「大阪を活性化させないといけない」と知事選への出馬を要請した。辰巳氏の出馬辞退を受け、国政の与野党の枠を超えて結集できる候補者を改めて選びたい構えだ。

松井氏は10日、辰巳氏の出馬辞退に先立ち大阪府八尾市内で記者団に「相手が誰であろうと大阪都構想の必要性を訴えていくしかない」などと述べていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報