2019年8月25日(日)

復興の主役、官から民へ インフラ・住宅は整備進む
人口減が地域経済の重荷に

2019/3/10 5:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災の発生から11日で8年を迎える。原発事故の影響はなお色濃く残るが、巨額の政府予算の投入で被災地のインフラ整備や住宅再建は一定のメドが付いた。ただ、沿岸部では定住人口の減少が止まらず、「官製復興」には限界がみえる。成長のエンジンを民主導に切り替えるには地域の底力が試される。

「東北じゅうの鉄が集まってきている」。岩手県の内陸に位置する北上市で2018年7月に始まった東芝メモリの新工場建…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。