/

この記事は会員限定です

[社説]時代超えた震災復興と記憶継承を

[有料会員限定]

東日本大震災から11日で8年。平成としてこの日を迎えるのは最後だ。原子力発電所の事故が重なった福島県ではなお4万人以上が避難を続けている。岩手、宮城県などの被災地もコミュニティーの再建に時間がかかっている。

復興のペースを緩めず、生活や産業の確かな再建につなげなければならない。平成という時代に刻印を残した惨禍の記憶を語り継ぐ努力も要る。被災地の将来像を描き直し、設置期限が迫る復興庁の役割も考える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1576文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン