/

米の2連邦住宅公社、証券を統合へ 証券業界団体が承認

【ニューヨーク=伴百江】米国の証券会社や銀行でつくる証券業金融市場協会(SIFMA)は8日までに、米連邦住宅抵当公社(ファニーメイ)と米連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)が発行する住宅ローン担保証券(MBS)の統合を承認することを決めた。統合は両社が発行する5兆ドル(約560兆円)規模のMBSの流動性向上がねらいだ。

MBSの統合は米連邦住宅金融庁(FHFA)が2014年にファニーメイとフレディマックの改革の一環として提案し、関係各所と調整しながら実施をめざしてきた。最後のハードルだったSIFMAの承認が実現したことで、今年6月から統合されたMBS証券が発行される見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン