2019年3月24日(日)

「ポンタ」不正利用事件 中国籍男を詐欺容疑で再逮捕

社会
2019/3/8 23:37
保存
共有
印刷
その他

不正アクセスで抜き取られた日本航空(JAL)のマイルから交換された共通ポイント「Ponta(ポンタ)」が悪用された事件で、警視庁サイバー犯罪対策課は8日までに、ポイントを使って知人の少女に商品を購入させたとして、中国籍の自称会社役員、尹三川被告(25)=詐欺罪で起訴=を詐欺容疑で再逮捕した。

尹容疑者の指示を受けて実際に商品を購入したとして、東京都板橋区の無職の少女(18)も同容疑で書類送検した。尹容疑者は「ポイントは不正に入手したものではない」と容疑を否認、少女は「お金が欲しかった」と認めているという。

尹容疑者らは2018年8月、千葉県や都内の家電量販店3店で、他人のマイルで無断交換されたポンタを使い、タブレット端末やゲーム機など7点(計24万4千円相当)を不正に購入し、店からだまし取った疑い。

サイバー犯罪対策課によると、尹容疑者と少女は中国語のSNS(交流サイト)で知り合ったとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報