2019年5月22日(水)

輸送客はピークの4割 日本のバスはどう生き残るか

サービス・食品
コラム(地域)
2019/3/10 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人びとの足として地域を支える乗り合いバス。人口減で赤字路線は増加し、人手不足も深刻化している。自動化技術は日々進歩する。事業環境が変わる中、存続に向けた公共交通の最前線を追った。

■岡山ではドル箱争奪

「じわりとダメージが出てきた」。岡山市が本部の両備グループ・小嶋光信代表は、ライバル会社のバスに苦虫をかみつぶしたよう。1年前の2018年2月、両備は傘下31の赤字バス路線の廃止を突如、提出した。地…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報