/

プロ棋士ペア碁選手権 藤沢女流本因坊・一力八段ペア優勝(盤外雑記)

優勝した藤沢女流本因坊(右)と一力八段

囲碁のプロ棋士ペア碁選手権2019の決勝が打たれ、藤沢里菜女流本因坊・一力遼八段ペアが大沢奈留美四段・許家元碁聖ペアを破って優勝した。藤沢女流本因坊は2年ぶり2回目、一力八段は初めての優勝となった。

将棋の第64回奨励会三段リーグ戦(2018年度下半期)が終わり、出口若武三段(23、井上慶太九段門下)が14勝4敗で、黒田尭之三段(22、畠山鎮七段門下)が13勝5敗で、それぞれ四段昇段を決めた。昇段は4月1日付。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン