/

この記事は会員限定です

サイト閲覧で「採掘」 コインハイブ、議論残して終幕

[有料会員限定]

ウェブサイトを閲覧する端末の処理能力を使って仮想通貨を採掘(マイニング)するプログラム「Coinhive(コインハイブ)」の提供サービスが8日で終了となった。サイトの新たな収益源として期待される一方、閲覧者に無断で設置したサイトが摘発されて議論を呼んでいた。注目を集めた新技術はなぜ僅か1年半で行き詰まってしまったのか――。

コインハイブのプログラムをサイトに埋めこむと、閲覧者の端末で自動的に仮想通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン