2019年4月22日(月)

千曲川沿岸5市町の水辺活性化計画、国が登録

北関東・信越
2019/3/8 22:00
保存
共有
印刷
その他

国土交通省は8日、長野市から長野県飯山市の千曲川沿い5市町が策定した広域の水辺活性化計画を、同省の「かわまちづくり支援制度」の対象に登録した。国が親水護岸や管理用通路、市町が遊歩道などを整備し、観光客の誘致や地域活性化に結びつける。長野県内での登録は5番目。

千曲川の水辺を活性化する(長野県中野市)

須坂市、中野市、小布施町を含む5市町が策定したのは「千曲川北信5市町かわまちづくり計画」。長野市の千曲川・犀川合流点から飯山市湯滝橋までの約45キロが対象で、2020年度以降に事業着手し、5年程度で完了させる。

水辺拠点や石碑・遺跡の周辺整備、水辺の観光資源の広域連携を進める。国交省は河川管理施設の整備、河川敷の多様な利用を可能にする「都市・地域再生等利用区域」の指定などで支援する。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報