/

この記事は会員限定です

ILCで文科省見解、岩手県など前向きに受け止め

[有料会員限定]

宇宙誕生の謎を探る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を日本に建設する構想について、文部科学省が7日、研究者の国際会議で「誘致の表明には至らない」とする一方、「計画に関心を持って国際的な意見交換を継続する」との見解を示した。同日夜、建設候補地の岩手県などからは「歓迎」「前進」と前向きに受け止める声が相次いだ。実現へ希望をつないだ形だ。

岩手県の達増拓也知事は「政府がILC計画に関心を示し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン