/

この記事は会員限定です

野村総研、「真のESG銘柄」になる条件

証券部 野口知宏

[有料会員限定]

野村総合研究所がESG(環境・社会・企業統治)を成長戦略の柱に据えている。成長を持続するには、財務諸表にあらわれない社会価値を重視した取り組みが必要だという。ただ同社が真のESG銘柄になるには高いハードルが残る。市場が指摘するのがガバナンスだ。

「社会に役立つ価値を提供し、社会に必要不可欠な存在であり続ける」。野村総研が2月21日に初めて開催したESG説明会。此本臣吾社長はESGの重要性を強調した。野村総研が提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン