企業のBCP策定なお途上 東日本大震災から8年

2019/3/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災から8年。企業は巨大地震や津波に対応した事業継続計画(BCP)を策定し、2018年夏の西日本豪雨を受けて洪水などの対策も進める。ただ帝国データバンクの調査によると、BCPを策定している企業は15%にとどまり、46%は策定していない。中小企業を中心に知見を持つ人材が不足しているためで、対策が進まないとサプライチェーン(供給網)などに影響が出る恐れがある。

半導体製造装置のディスコは今月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]