/

この記事は会員限定です

四国中央に不織布の新拠点 三木特種製紙、13億円投じ

[有料会員限定]

三木特種製紙(愛媛県四国中央市)は約13億円を投じて同市内に不織布の生産拠点を新設する。工業用フィルターなど幅広い用途で中国やアジアなど海外での需要の伸びに対応するもので、本社工場などに分散する仕上げ工程と倉庫機能を2019年末までに新拠点に集約する。その後、余裕の生まれる本社工場で設備を増強し、生産効率と供給能力を引き上げる。

不織布生産の新拠点は、JR伊予寒川駅に近い約1万平方メートルの敷地を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン