/

この記事は会員限定です

不動産大手、住宅販売にAI活用 営業を効率化

[有料会員限定]

不動産大手各社が住宅販売で人工知能(AI)の活用を進めている。東京建物はAIがマンションごとに客の興味の度合いを分類し、営業担当者向けに適切な販促施策を導き出すツールを導入。野村不動産グループのAIは客に最適な物件の情報をメールで配信する。人口や世帯数の減少による住宅市場の縮小が避けられない中で、営業の効率化を目指す。

東京建物は同社の子会社などが開発したAIのマンション販売への活用を始めた。AIが東京建...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り208文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン