2019年5月26日(日)

材料費半減の「全樹脂電池」、建材内蔵など用途も広い
全樹脂電池の可能性(下)

スタートアップ
エレクトロニクス
自動車・機械
環境エネ・素材
住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/4/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

製造工程が従来の2次電池とは全く異なり、電極を含めほぼ全てを樹脂で形成する「全樹脂電池」は、電池原価に占める比率が50~60%の原材料費を安価にしやすい。ペーストの厚みを5倍以上にできることで活物質(容量)当たりのセパレーターを5分の1以下にできるためだ。セパレーターは原材料費の20%を占める主要な部材である。

関連記事 「全樹脂電池」ついに量産へ

さらに複数の電池セルを組み合わせて大容量化する組…

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報