2019年5月23日(木)

「全樹脂電池」ついに量産へ、巨大市場を開拓
全樹脂電池の可能性(上)

スタートアップ
エレクトロニクス
自動車・機械
環境エネ・素材
住建・不動産
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/4/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電極を含めほぼ全てを樹脂で形成する「全樹脂電池」が量産に向かう。同電池を考案した慶応義塾大学の堀江英明氏が、低コストの大量生産技術を確立するための会社を設立。共同開発先の化学メーカーである三洋化成工業が子会社化し、同社自ら電池事業に取り組む。同電池は、容量密度を従来の2倍以上にできるのに加え、設備投資額を数十分の1に、材料コストは半減できるという。巨大な2次電池メーカーを駆逐する可能性を持つ。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報