FDA就航で交流活発 共通の歴史文化を再発見 島根と静岡・宮城

2019/3/11 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)が昨年春、出雲―静岡、出雲―仙台の2路線を就航させたのを機に、島根県と静岡、宮城両県の交流が活発化している。両路線とも今年1月までの平均搭乗率が70%を超え、ビジネスや観光での需要を掘り起こしつつある。自治体関係者などの間では共通の歴史や文化を再発見し、往来増につなげようという動きも出始めた。

2月17日、松江市中心部の商店街の一角に、静岡県焼津市の特産…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]