韓国造船統合、日中勢に規模の脅威 世界首位の現代重が3位の大宇買収 シェア2割超
20年越しの救済、生産再編に労使反発など難航も

2019/3/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

造船世界最大手の韓国・現代重工業は8日、同3位の韓国・大宇造船海洋を買収することで大宇の筆頭株主と最終合意した。船舶建造量ベースの世界シェアは2割を超える。この約20年間に数回の経営不振に陥った大宇は単独での再建をあきらめ、現代重工傘下で生産効率化を進める。競合する日中勢には脅威で、合従連衡の呼び水になりそうだ。

現代重工と政府系金融機関で約56%の大宇株を保有する韓国産業銀行は8日、2019年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]