2019年3月24日(日)

三菱重工、艦船輸出に期待 大型巡視船が進水

日本の守り
自動車・機械
中国・台湾
東南アジア
2019/3/8 13:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

造船各社が自衛隊や海上保安庁向けに建造してきた艦船の輸出に商機を見いだそうとしている。日本の艦船は性能は高いものの、武器の輸出規制により海外で日の目を見る機会がなかった。長い造船不況でもがく各社の視線は、主要な装備品を国際調達する動きが広がる海外に向いている。輸出の道は造船再興の契機となるのか。

三菱重工業長崎造船所(長崎市)で8日、海上保安庁で最大規模となる新鋭巡視船が進水した。全長150メー…

川崎重工の中国合弁会社、大連中遠海運川崎船舶工程(DACKS)の新ドック(中央)

川重、中国でLNG船検討[有料会員限定]

2019/3/2付

三菱重工「集団指導体制」の深謀、動き出す新力学[有料会員限定]

2019/2/26 7:00

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報