/

中国輸出2月21%減 輸入は5%減少 景気減速響く

【北京=原田逸策】中国税関総署が8日発表した2019年2月の貿易統計(ドルベース)によると、輸出は前年同月比20.7%減の1352億ドル(約15兆円)だった。輸入は同5.2%減の1311億ドルだった。今年は春節(旧正月)休暇が2月上旬だったことが影響した公算が大きい。米国との貿易摩擦や中国の景気減速も重荷となった。

前年同月の水準を下回るのは輸出が2カ月ぶり、輸入は3カ月連続。輸出の減少幅は16年2月以来3年ぶりの大きさ。1月は輸出が9%増えて税関総署は「幸先の良いスタートを切った」と説明したが、中国企業が春節休暇前に商品在庫を減らすため輸出を急ぎ、表面上の数値を押し上げただけだったようだ。

春節休暇の影響をならすために1~2月の数値でみると、輸出は前年同期比4.6%減の3532億ドル、輸入は同3.1%減の3095億ドル。輸出、輸入ともに前年同期の水準を下回った。

米国による中国製品への追加関税の引き上げをにらみ、昨年は駆け込み輸出が膨らんでおり、その反動が出ているとみられる。輸入減少の背景には個人消費をはじめとした内需の減退がある。貿易の本格回復にはしばらく時間がかかりそうだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン