/

NEC、AI人材育成で講座開設

NECは8日、人工知能(AI)の開発や活用を担う人材を育成する講座を4月に開くと発表した。主に社会人を対象とし、同社のデータアナリストが講師役となるほか、実際の開発プロジェクトにも参加してもらう。IT(情報技術)の使い手のAIに対する理解を高めて市場を活性化する狙いがある。

最短1日から受けられる「オープンコース」を4月に、1年をかけて学ぶ「入学コース」を10月に始める。入学コースの受講費用は1カ月あたり60万円。AIによるデータ分析手法やビジネスへの応用といった内容をNECのデータアナリストやエンジニアが講義する。

生徒は主に社会人を対象に募集するが、大学生の受け入れも検討している。校舎は都内の本社のほか川崎市の事業所を予定している。

企業活動では商品の需要予測や生産管理などでAIの活用が不可欠になっている。一方でAIの利用に関する知見がない組織もあり、導入の妨げとなるケースも多いという。NECはAI関連システムの提供先となる顧客企業側の人材を育てることで、新たな需要創出につなげる考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン