2019年6月20日(木)

日比谷線脱線事故から19年 関係者らが祈り

2019/3/8 10:40
保存
共有
印刷
その他

乗客5人が死亡した営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線の脱線事故から19年となった8日、東京都目黒区の現場近くにある慰霊碑に、東京メトロの山村明義社長らが献花した。

社長らは事故が起きた午前9時1分に、約30秒間黙とう。山村社長は「事故を経験した私が先頭になってこの教訓を伝えて生かしていく。全社員の先頭に立って取り組んでいく」と話した。

事故は2000年3月8日、中目黒―恵比寿間で発生。走行中の列車の8両目が脱線し、反対方向から向かってきた電車に衝突。5人が死亡し、64人が負傷した。

事故を受け、同社は研修センターに新たに事故当時の映像や報道資料が展示された施設を設置するなど、社員への安全教育に力を入れている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報