/

この記事は会員限定です

牛の分娩 兆しを通知、乳搾り完全自動化

アグリテック九州

[有料会員限定]

九州の農業でIT(情報技術)やロボットを活用して農作業を効率化する「アグリテック」が広がっている。高齢化や人手不足で、九州の農家は2017年で前年比4.6%減の18万8000経営体(九州農政局調べ、法人除く)と減少に歯止めがかからない。九州は畜産王国で農業の課題先進地であるだけに危機感は強い。「スマート農業」で生き残りを図る動きを追った。

「牛が分娩する前の1週間は気が抜けなかった。夜中に見回る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1349文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン